So-net無料ブログ作成

絶体絶命都市3 [ゲーム]

熊本地震で「このゲームやっててちょっと役に立った」という人がいたので興味がわいたので、兄に借りて自分もやってみました。

1465117341485.jpg

『絶体絶命都市3 壊れゆく街と彼女の歌』


実は熊本地震がきた時、兄とこのゲームについて話してたんですよねぇ;
なかなか面白そうだなぁと思っていたんですが、難しそうなので実際にプレイすることはありませんでした。

しかし何度かこのゲームについての話を聞く&被災した時にこのゲームで得た知識が役立ったという人を知り、だんだんプレイしたくなってきましてね[exclamation]

PSPなら手軽に出来ると思い、まずは3をやってみることにしました。


「操作方法が結構コツがいるから、まずは攻略本読んでおいたほうがいいよ」との助言があったので基本となる操作方法を確認してから始めました。

ネタバレだめな人はここで読むのやめたほうがいいかもです。












あらすじはこんな感じ↓

2011年3月末日。
4月からセントラルアイランドという島で大学生活をすることになった主人公。
バスでその島に向かう途中の海底トンネルで震度7の地震に遭遇。
途中で出会う女性(咲)と協力して余震・火災旋風・建物倒壊などの脅威から切りぬけ、島を脱出する。


2011年3月って。。。


末日ってところがちょっと違うから偶然だろうけどこれは・・・。
開始早々驚きました;


んで実際にプレイした感想ですが、想像してた通り難易度高いです;
開始数分で死亡しましたorz

余震で揺れるパターンと車とかの上を歩いて振動で揺れるパターンがあるんですが、振動で揺れるパターンは一気に駆け抜けないと落っこちてゲームオーバーになります。
それを知らないで律義に踏ん張ってたらあれまぁ・・・。

兄は最初攻略本なしでやってたそうですが「これはダメだ;」と途中で攻略本を買ったそうです。
攻略本がないとアイテムも見逃しそうだしキツいだろうなぁ[あせあせ(飛び散る汗)]

車の上に置かれているジャッキを取りに行くところと、はしご車で対岸に行くところは何度やってもお亡くなりになるので「ここどうやるの?」と兄に聞きました。
そうしたら「うーん、実際にやらないと分からない;」ということなんで、兄にやってもらいました。
自分、ジャンプが苦手なような気がします;;


そのかわり、火球を切り抜けるところは自力で頑張りました[exclamation]
明らかに火球が主人公が進もうとする方向を塞ぐように飛んでくるんですよね。

なので↓の手順で行きました。

まずが右のほうに移動し、そこで火球に当たらないように暫く待つ

一気に左に移動し壁とトラックの隙間を強行突破

建物内の消火器ゲット

建物外に出ると火球が飛んでくるので一度外に出て火球が飛んできた後、再度建物内に避難

体勢を整えて再度外へ出て左へGO!(強行突破)

車が崩れてきて炎で道を遮られるので消火器ブシャー

更に左に行くと救急セットをゲット(あんまり前に行きすぎると上からトラックが落っこちてくるから注意)

路地へ

ビルの窓から火がゴーッって出てくるからタイミングを見計らってダッシュ&煙が多いところは這いずり

ゴール


全体的にゴキブリのようにすばやくカサカサ動き、強行突破で行きました(笑)
ここで30回は死ぬらしいですが、そこまでいかなかったんで良かったです;
男主人公だから消火器1個で済んだからまだマシだったかも。


ちなみにこのゲームでは体力とストレスメーターがあります。
ベンチに座ると体力とストレスが回復出来るんですが、はしご車で対岸移動する所の前のエリア(松谷東付近)ではそのベンチがありません。

ストレスが溜まりまくってて「ヤバい;」と思ってたんですが、そこでは咲に近づくと歌を歌ってくれるのでそれを聞いていると徐々にストレスが回復してくるという。
知らないで兄に聞いたんですが、よくみたら攻略本に書いてありました。
う~ん、これとか明らかに攻略本なしはキツイよね;


現在は2日目の最初まで進めてあります。
ここまでやった感想。

命がいくつあっても足りない! 

100回ゲームオーバーで済めばいいほうじゃないかなぁ。
コツコツ頑張ろう!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。